スクールIEが評判のいい理由|個室指導でグンと成績アップ

一対一の講義は密度が濃い

婦人

信頼関係は大きく影響する

先生と生徒は基本的に一対多数の関係で成り立っており、そこからはあまり濃い人間関係は生まれません。学校では特にこれが顕著で、生徒も先生も自分から積極的に関係を築こうとしない限りは、互いに影響を与え合うこともなく関係は終わってしまうでしょう。しかし、個別指導をモットーとする塾や予備校の場合、かなり濃密な関係が築けます。これは、友人同士、家族同士のように一対一の関係が築かれているからです。プライベートなことも相談できる相手が個別指導の塾などでは講師となり、友人となります。勉強を教えるのは個別指導の場合でも変わりませんが、それに加えて生の人間同士が触れ合う機会が増え、生徒の個性に合わせた教育ができます。個別指導は経営者側からすればコスト面で非効率ともいわれた時代がありましたが、実際に講義を受けた生徒からの評判は圧倒的に大人数型教育より良いです。教育する側とされる側に個人と個人の付き合いからしか生まれない信頼関係ができ、それを通じて勉強を教わることができるため、頭に入ってくる量と質がまったく変わってきます。ただ知識を詰め込むだけなら、自分で問題集をやるだけでも良いですし、サテライト型の通信教育などもありますが、人間同士の信頼関係はなかなか築くことができません。個別指導の方法は講師と生徒の信頼関係を濃密にすることができ、勉強の効率を二倍、三倍にも高めることができます。講師のレベルにもよりますが、生徒の意識向上にもつながります。